キッチンのお掃除

キッチンのお掃除は、大変だと思いついつい後回しにしがち。
そこで、ここではキッチンのお掃除を楽にする方法、ガンコな汚れへの効果的な対処法、そして、詰まりや水漏れの予防法をご紹介します。

キッチンのお掃除を楽にする方法

調理のついでに軽くお掃除

キッチンの汚れは、長時間放置することで硬くガンコなものになります。
こまめに掃除すれば汚れが落としやすいだけではなく、カビや細菌の繁殖を防いでニオイ対策にも。
調理ついでに軽く掃除することは決して難しくありません。
例えば、コンロは余熱が残っているうちにサッと水拭きすれば力要らずでキレイに。
グリルを使った後も、冷めないうちにサッとお湯で洗い流しましょう。
食器を洗った後は、ついでにシンクと排水口を磨きます。(古いスポンジを専用として置いておきましょう。)
また、蛇口やシンクの外も、から拭きするだけで汚れが残らず水回りの劣化防止にも。
調理後しばらく換気扇を回しておけば、こまめにニオイや空気中の雑菌を追い出すことになります。

物をできるだけ置かない

調味料や食器類はきれいに収納しましょう。
物が置いてあると掃除がしづらいだけではなく、周辺の風通しが悪くなってカビが繁殖することも。
ぬれた缶に発生したサビがステンレスなどに付着して茶色の「もらいさび」になることもあります。

汚れた食器をためておかない

食器洗浄機を使うため、汚れた食器を何日もシンクに積み上げていませんか?
これでは、いざ食器洗浄機を使うという時になって、こびりついた食器汚れ落としに苦労するだけではなく、気付かぬうちにシンク内にカビや細菌を発生させることにも。
食器は使うたびに、軽く水洗いした状態で洗浄機の中にためてゆきましょう。

ガンコなキッチン汚れへの効果的な対処法

コンロやレンジフードのガンコな汚れ(取り外せる部分)

台所用の中性洗剤を溶かしたお湯に30分ぐらい浸します。
その後、硬いヘラ(木べらなど)で汚れを削るように落とし、最後にクリームクレンザーをつけてスポンジで磨きましょう。
クレンザーには研磨剤が入っているので、力を入れ過ぎないように。
(細かい部分には古くなった歯ブラシを使うのがお勧め。)

コンロやレンジフードのガンコな汚れ(取り外せない部分)

中性洗剤をキッチンペーパーにたっぷりつけ、汚れ部分に10分程度「湿布」します。
汚れが浮いてきたところで、そのキッチンペーパーで拭きとり。
最後に、スポンジにクリームクレンザーをつけて力を入れずに磨きます。
ティッシュや雑巾では効果薄ですので、是非キッチンペーパーを使ってください。

ガスレンジの焦げ付き

凹んでいるガスレンジ台には、中性洗剤を混ぜた熱いお湯をたっぷり入れて20分程度放置しましょう。
そして、硬いヘラやティースプーンなどで焦げ付きを削るように落とします。
傷をつけないために、鋭角なフォークなどは避けましょう。

頑固なニオイ

水周りのニオイが気になる場合は、お掃除に重曹を活用しましょう。
シンクや排水口の掃除の際、水を含んだスポンジに重曹を振りかけて使うと、ニオイを吸収してくれ、磨き上げ効果もあります。
冷蔵庫のニオイ対策には、重曹を小さな器やガーゼの布袋に入れて置いておくと良いでしょう。
排水管からニオイがしてくる場合には、排水口に油汚れ用弱アルカリ性洗剤を入れてお湯を注ぎ、一晩放置すれば効果的です。

キッチンの詰まりや水漏れ予防

老朽化または破損によっておこる水漏れ予防

普段からこまめに掃除をしていれば、水漏れ予備軍のうちに気づくことが多くなります。
以下を定期的にチェックしましょう。
「蛇口」 水が出る部位と、蛇口の根元。少しでも漏れがあれば対処を。
「シンクの下」 物が配管にぶつかっていれば、ダメージにつながります。
「給水管、配管」 ここに物をぶら下げると配管へダメージを与えますので厳禁です。ヒビが見つかったらすぐに対処しましょう。

水周りの器具には止水栓というバルブがついており、これを締めるとその器具に行く水だけを止めることができます。
水漏れは、よほど慣れていない限り自己処理をしても失敗しがちですので、業者を呼んだ方が良いでしょう。

排水管の詰まり予防

生ごみをそのまま流さないことが基本です。
排水口用のネットを使い、必ずそこを通すようにしましょう。
また、物が落ち込まないように、水周りに余計な物を置かないことも大切です。
パイプクリーナーは詰まってから使うと逆効果になる場合がありますので、年に数回は詰まり予防として使いましょう。
使用後お湯を沢山流し込むことを忘れずに。
また、カビや細菌が繁殖しすぎることも詰まりの原因になりますが、キッチンハイターなどの漂白剤をかけておくと除菌効果があります。

このページの先頭へ