お風呂のお掃除

寒かったり服が濡れがちだったりして「イヤなもの」と思われがちな、お風呂のお掃除。
ここでは、そんなお風呂掃除を楽にする方法、効果的な汚れ落とし、そして詰まりや水漏れの予防策などを見てゆきましょう。

お風呂のお掃除を楽にするコツ

お風呂に入ったついでに毎回さっくり掃除

そもそも服を着ていないので、服が濡れる心配は無し。
お風呂の使用後、お湯を抜きながらスポンジにボディソープをつけて浴槽をざっとこすり、シャワーで流します。
ついたばかりの汚れですので簡単。
あとは排水口のゴミを捨てて、さっきのスポンジで排水口も洗いましょう。
慣れてくれば5分もかからない作業です。
また、お風呂を出た後しばらくは換気扇を回したり窓を開けて、換気を。
スクイージー(T字型水切りワイパー)で壁や床の水気を払うとより効果的です。
毎回さっくり掃除することで、水垢やカビが繁殖しづらくなり、お掃除そのものが楽になります。

汚れが溜まりにくく、カビが生えにくいものを

例えば、お風呂用椅子や洗面器は継ぎ目がツルっとしたタイプを選べば、汚れやカビが繁殖しづらくなります。
一方で、裏側がそっくり凹んだスツールは内側にカビが生えやすいのでご注意を。
お風呂の蓋はジャバラではなく、継ぎ目のない2〜3枚を組み合わせるタイプがお勧めです。

浴室には必要最低限のものを置く

物が多いと、換気が行き届かなくなってカビが繁殖することに。
また、プラスチックやガラス面にヘアピンやかみそりなど錆びるものを放置すると、茶色の「もらいさび」がこびりつきます。
お掃除を楽にするためにも、物はできるだけ収納しましょう。

効果的なお風呂掃除の方法

浴槽内側、角を重点的に洗う

角には汚れが溜まりやすいですので、ここをポイントに洗えば浴槽がいつもキレイに。

もらいサビの落とし方

市販のさび落とし、雑巾または浴槽を傷つけない樹脂製のブラシを使いましょう。
強い薬剤ですので、長時間浴槽につけたまま放置しないように。

ガンコな水垢の落とし方

石鹸をストッキングに入れて擦ると効果的、かつ浴槽を傷めません。
デッキブラシは浴槽に傷をつけることがありますので、使いたければ慎重に選びましょう。

鏡のくもり防止には

ボディソープを少量手の平で泡立て、鏡に塗ります。
そしてシャワーでサッと水をかければ、膜ができてくもりづらくなります。
定期的に鏡もお掃除して、必要に応じてくもり防止対策をしましょう。

たまには小物を浴槽に入れて一緒に漂白

石鹸置きやお風呂用椅子などを浴槽と共に全部スッキリさせることができます。
浴槽を傷める心配がないものは、何と言っても重曹。
他にも多種の浴槽漬け置き洗い用洗剤が市販されています。
中には浴槽が変色するものもあるので、慎重に選びましょう。

毎回のお風呂掃除は薬品いらず?

お風呂に入ったついでに掃除する人によると、水とスポンジだけでも汚れは十分に落ちるそう。
洗剤を使っている人も、ボディソープや台所用洗剤など、肌に優しいものでお風呂の汚れは十分に落ちると言っています。
ちょっと手を加えるなら、重曹を溶かした水をスプレーして小物を磨くのも良いですね。

お風呂の詰まりや水漏れ予防

排水口に網やネットをつける

お風呂の詰まり原因ナンバーワンは、髪の毛。
排水管に入っていかないようにすることが最も効果的な予防策です。

お風呂使用後には、排水口に水を多めに流す

冷たい水で良いので、パイプについた湯垢や石鹸カスをとるつもりで勢いよく流しましょう。

「パイプスルー」などを定期的に使用

排水口に物を流していないつもりでも、汚れは徐々に蓄積されているもの。
1カ月~3カ月に1度は、「パイプスルー」など排水管に溜まった物質を取り除く薬剤でケアしましょう。

部品などの劣化による水漏れ予防には

換気をよくして浴室を乾燥させておけば、蛇口などの部品の劣化防止に。
また、タイルや給湯器などは古くなると衝撃に弱くなるので、お掃除の時は力を入れてゴシゴシ擦らないようにしましょう。
繰り返しますが、お風呂に入ったついでに掃除すれば汚れが楽に落ちます。

古い浴室は、年に一度ぐらい定期点検を

水漏れが起こってからでは修理料金が高額になる上、お風呂を一定期間使えないなどの不便が生じます。
古い浴室は年に一度、プロの業者による点検をしましょう。
自分では気付かない部品劣化などをいち早くみつけて、問題を起こす前に対処してくれますよ。

弊社も水まわりのトラブルは何でも受け付けておりますので、お気軽にご相談ください!

このページの先頭へ